水谷 イズル

◯現代アーティスト 映像作家 AMCアート&マインドセンター主宰

1961年名古屋市生まれ。絵画、インスタレーション、ビデオアート
人間の内面と社会的なテーマの両方を追求している。
人間の深層心理を含めた心を、映像やコンピューターなどを使ったインタラクティブな手法で表現している。


国内展の他、海外での展覧会も多く、ニューヨーク、パリ、バーゼル、サンクトペテルブルグ、マイアミ、ヘルシンキ、北京、上海、ソウルなど、美術館やギャラリー、アートフェアーなどで発表している。

◯キュレーション 教育普及活動

AMCアート&マインドセンターを名古屋市本山に(アーティスト ラン スペース)を設立。アートに関するシンポジウム、セミナー、レクチャー展覧会を行っている。また海外のアーティストを招聘しアートを通した国際交流を行っている。

2012〜2016年 名古屋芸術大学 美術学部 非常勤講師
2016〜2020年 名古屋市文化振興事業団 文化芸術活動アドバイザー
として、後進の育成にも務めている。

【主な展覧会】

2017年 水谷イズル展「世界が生まれるところ
    (イル·リヴェリーノLDVギャラリー/ロカルノ、スイス)

2017年 アスタナ万博/ライブペインティング(イタリア館/カザフスタン)

2012年 水谷イズル展「Reflection」(Yoshiaki Inoue Gallery/大阪/日本) 

2010年 The Sky in Art展(国立ロシア美術館/サンクトペテルブルグ/ロシア)

2009年 目をとじて~見ることの現在(茨城県近代美術館/水戸/日本)

2007年 水谷イズル個展 (A.S.ポポフ国立コミュニケーション博物館/サンクトペテルブルグ/ロシア)

2004年 “Declaration  100Artist for Peace”(国立現代美術館/ソウル、韓国)

【トピック】

2017 愛知県 ピンポン外交記念モニュメント デザイン担当 

    愛知県体育館 正面玄関

2007 第23回 芸術創造賞受賞 (名古屋市文化振興事業団)

2007 第15回バーモントスタジオセンター、
   アジアンアーティストフェローシップ Alternate
   (フリーマン財団、U.S.A)

2008 第15回バーモントスタジオセンター、
    アジアンアーティストフェローシップ Alternate

   (フリーマン財団、U.S.A)

【パーマネントコレクション】

原爆の図 丸木美術館(埼玉県)

万国博覧会博物館 World Expo Museum (上海)

愛知県体育館「ピンポン外交記念モニュメント」(名古屋)